夏場において東京のお土産を選ぶ基準について。

品質を保持できる商品を選ぶ。

遠方から東京に来た時は、お土産を買うことも多いと思います。東京のお土産はさまざまあると思いますが、特に夏場の帰省や旅行に行った時のお土産には、さまざまな状況を考えて選ぶ必要があります。夏場は気温が高かったり湿度が高かったりするので、食品の品質を保つことが難しい時期です。例えば、チョコレートを使用したお土産だと、移動や帰宅途中でとけてしまったりすることがあったり、生菓子だと品質が低下することも考えられるので、おせんべいやクッキーなど、品質がある程度保てるものを選ぶのがいいと思われます。

冷蔵や冷凍して配送してくれるお店のお土産を選ぶ。

夏場には、お土産としてアイスクリームなどの冷たいものは喜ばれると思います。しかし、遠方から東京に来ていて、お土産にそのような商品を選んで電車や車などでの長時間の移動は通常ではできないものです。しかし、お店によっては遠方へのお土産にもできることを考えて、冷凍した状態で配送するサービスを行っているところもあります。自宅にはもちろん、お土産を渡したい相手に直接配送することも可能なので、なおさら便利です。

できる限りコンパクトなものにする。

夏場は、夏休みやお盆などで東京への観光客や帰省する人たちが多いので、公共交通機関も混み合うことが考えられます。特に全ての行程を公共交通機関を利用しようと思っているなら、混雑していることを考えて、荷物が邪魔にならないようにできるだけコンパクトなサイズのお土産を買うのがいいと思います。お土産はもらうと嬉しいものなので、東京に行った際は多く買いたいものですが、時期的なものを考えて、適切なものを選ぶのがいいと思います。

東京駅限定の帝国ホテルのチョコレートは東京の土産に最適です。東京駅の丸の内駅舎をパッケージにしており限定品として人気があります。